新着情報

最新記事

アーカイブ

2018年
2月  1月 
2017年
12月  11月  9月  8月  7月  6月 
5月  3月  2月 
2016年
11月  10月  9月  8月  7月  6月 
4月 
2015年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  4月 
2014年
11月  9月  8月  6月  5月  4月 
3月  2月  1月 
2013年
12月  7月  6月  5月  4月  3月 
2月  1月 
2012年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  1月 
2011年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2010年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2009年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2008年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2007年
12月 

ラコーン・タイ「赤鬼」「農業少女」公演のご案内

ラコーン・タイ「赤鬼」「農業少女」公演のご案内
野田秀樹の芸術監督就任を記念して、東京芸術劇場は、1997年の野田作・演出作品「赤鬼」参加をきっかけにして作られ、東南アジアの現代演劇シーンをリードする存在にまで成長した“バンコク・シアター・ネットワーク(BTN)”とともに、「赤鬼」「農業少女」を共同制作します。この2作品の創造過程では、野田自身がタイ・バンコクを訪問し、ワークショップ・オーディションをおこなったほか、10月上旬には再度バンコク入りし、現地の演出家・俳優たちとともに、東京公演に向けた作品創造の最終段階に参加することになっています。オリジナルとはひと味違う、タイの演劇人たちによる野田作品を、ぜひノダマップWEB先行予約会員の皆さまにもご覧頂きたく、ご案内させていただきます。
◎「赤鬼」タイ大衆演劇“リケエ”バージョン   
浜辺の村 そこに流れ着いた異形の“鬼”共同体の境域で必ずおきる普遍のテーマをめぐるせつなく美しい物語97年のタイバージョン発表以来、日タイ演劇交流の象徴となった名作が、タイの大衆演劇“リケエ”に姿を変えて日本に帰ってきます。
原作:野田秀樹
翻案・演出:プラディット・プラサートーン
出演:マカムポン・シアターグループ(BTN所属)
公演日程:2009年11月19日(木)〜22日(日)
会場:東京芸術劇場 小ホール2
※日本語字幕付
◎「農業少女」タイ現代演劇バージョン
のうぎょう、とうきょう、そんなにコトバの響きは変わらないのに、東京から農業少女は遠い。そう思いながら東京行きの切符を手にした少女の物語を、舞台を現在のバンコクそして東北タイ(イサーン)におきかえてリメイク。
原作:野田秀樹
翻案・演出:ニコン・セタン
出演:バンコク・シアター・ネットワーク(BTN)
公演日程:2009年11月20日(金)〜23日(月・祝)
会場:東京芸術劇場 小ホール1
※日本語イヤホンガイド付(無料)
料金(全席指定・税込):前売-3,500円 当日-3,800円
2演目セット券-6,000円 東京芸術劇場チケットサービスで前売のみ取扱い
学生券-2,000円 東京芸術劇場チケットサービスで前売のみ取扱い
その他、関連企画「アジア演劇講座」も開催します。詳細は劇場HPまで
http://www.geigeki.jp/saiji_058.html 主催:東京芸術劇場(財団法人東京都歴史文化財団)
お問合せ:チケットについて 東京芸術劇場チケットサービス 03-5985-1707
     公演について   東京芸術劇場 事業企画課   03-5391-2111