新着情報

記事一覧

アーカイブ

2018年
12月  11月  10月  7月  6月  5月 
4月  3月  2月  1月 
2017年
12月  11月  9月  8月  7月  6月 
5月  3月  2月 
2016年
11月  10月  9月  8月  7月  6月 
4月 
2015年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  4月 
2014年
11月  9月  8月  6月  5月  4月 
3月  2月  1月 
2013年
12月  7月  6月  5月  4月  3月 
2月  1月 
2012年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  1月 
2011年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2010年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2009年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2008年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2007年
12月 

『THE BEE』English Versionワールドツアー2013決定!

THEBEE2012.jpg

 

2012年に、Englishバージョンが世界4都市、Japaneseバージョンは国内5都市で上演され、 WORLD&JAPANツアーを敢行した『THE BEE』のワールドツアー2013が決定しました。 2013年5月~6月、イスラエル、韓国、ルーマニアの3都市での上演が決定!

イスラエルでは数週間にわたり世界各地のパフォーミング・アーツを上演するイスラエル・フェスティバルに参加、そして韓国演劇界をリードする中心的存在である明洞芸術劇場での公演を経て、ルーマニアではエジンバラ、アビニョンに並ぶヨーロッパ三大フェスティバルの一つシビウ国際演劇祭において、そのメイン会場でフェスティバルのファイナルを飾り当フェスティバルでは異例の2日間の上演を行います。

今回のツアーはイギリス人キャストと野田秀樹によるEnglishバージョンとなりますが、 前回のワールドツアー香港公演で好評を博した、紙を効果的に使用したJapaneseバージョンの舞台セット(美術:堀尾幸男)で行うインテグラル・バージョンとなります。

高密度でスリリングな展開、現代を鋭く切り取った作品内容、そして言語と文化を横断する実験的な創造手法により、国内ではもちろん、国や文化を超えロンドン、ニューヨーク、香港で観るものに深く鋭い衝撃をもたらしてきた『THE BEE』が、イスラエル、韓国、ルーマニアの観客にどのように受け入れられるのか、ぜひともご注目ください。

 

_________________________________

原作:筒井康隆 ~「毟りあい」(新潮社)より~ 共同脚本:野田秀樹&コリン・ティーバン 演出:野田秀樹 _________________________________

出演 キャサリン・ハンター、グリン・プリチャード、マルチェロ・マーニ、野田秀樹 _________________________________

公演会場・日程

2013年5月31日~6月1日 レベッカ・クラウン・ホール(イスラエル・フェスティバル)

http://www.israel-festival.org.il/

2013年6月7日~8日 明洞芸術劇場(韓国)

http://www.mct.or.kr

2013年6月15日~16日 ラドゥ・スタンカ劇場(ルーマニア・シビウ国際演劇祭)

http://www.sibfest.ro/

_________________________________

 

詳細は 東京芸術劇場HP

主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)    東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団

企画・制作協力:NODA・MAP   

 

ワールドツアーに関するお問合せ:東京芸術劇場 事業係 03-5391-2115 (平日9:00〜17:45)

http://www.geigeki.jp