新着情報

最新記事

アーカイブ

2019年
7月  6月  5月  3月  2月  1月 
2018年
12月  11月  10月  7月  6月  5月 
4月  3月  2月  1月 
2017年
12月  11月  9月  8月  7月  6月 
5月  3月  2月 
2016年
11月  10月  9月  8月  7月  6月 
4月 
2015年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  4月 
2014年
11月  9月  8月  6月  5月  4月 
3月  2月  1月 
2013年
12月  7月  6月  5月  4月  3月 
2月  1月 
2012年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  1月 
2011年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2010年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2009年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2008年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2007年
12月 

『エッグ』戯曲発表!&ムック本『総特集 野田秀樹』発売!

『エッグ』戯曲発表!&ムック本『総特集 野田秀樹』発売!
◆『エッグ』戯曲発表
9月7日(金)発売の月刊新潮に野田秀樹 新作戯曲 『エッグ』が掲載されます。
---------------------------------
新潮 2012年10月号
特別価格:950円(税込)
---------------------------------
公演期間中、劇場販売もしております。
どうぞご利用くださいませ。

◆総特集 野田秀樹~新しい地図を携えて~
野田秀樹を徹底解剖!これを読めば野田秀樹の創作の過去から現在、そして未来がわかる!
これを読まずして野田秀樹を野田作品を語ることは出来ない!!
単行本未収録の貴重な対談や寄稿文なども盛り沢山。
必読必至の一冊に仕上がっています!

○巻頭口絵:NODA・MAP公演フォトコレクション
○野田秀樹ロングインタヴュー:いつしか演劇に出会い、いつしか舞台に立っていた 聞き手・扇田昭彦
○野田秀樹スペシャルエッセイ:は?
○別役実×野田秀樹連続対談
 「大震災と演劇」司会・山口宏子
 「演劇は長く効く薬である」司会・扇田昭彦
○座談会:若手演劇人と語る「野田さん、ちょっと質問いいですか?」
○エッセイ
 三谷幸喜「野田さんとの思い出」
 萩尾望都「“半神”のおとしだま」
○リレーエッセイ:10人が教える「私だけが知っている野田さんのこと」
  キャサリン・ハンター「ブレヒティアン、ベケッティアン、ヒデキアン」
 →宮沢りえ「揺れてもいいけどブレちゃいけない」
 →古田新太「ミイラ」
 →妻夫木聡「稽古初日の夜のこと」
 →仲村トオル「野田さんか神様に尋ねたいこと」
 →深津絵里「とか言っちゃって。」
 →長塚圭史「『動く』装置を求めて」
 →堀尾幸男「左側の席」
 →ひびのこづえ「衣装と野田さん」
 →篠山紀信「世界で一番恐い男」
○往復書簡:橋爪功×野田秀樹「たまには手紙で」
○論考
 長谷部浩「野田秀樹論『THE BEE』以降の新たな展開」
 鴻英良「収容所の身振りと希望 野田秀樹演劇における批評性の現在」
 野田学「母の消失と祈り 野田秀樹の『ゼンダ城の虜』から現在へ」
 山口宏子「演じる人 野田秀樹」
 長谷川祥久「野田秀樹と東京芸術劇場改修計画」
 大木シエキエルチャック絢深『THE BEE』の美 ニューヨーク、ロンドン公演の魅力を再考する
○野田秀樹・単行本未収録エッセイ:
 「ロンドンへの道」
 「人間の善意を信じ続けた悪意の作家」
 「勘九郎、鏡獅子の千穐楽、三たび」
 「『匿名性』の文化から演劇を取り戻したい」
 「劇場を支えるのは、柱ではない」
○野田秀樹語録2011〜2012
○野田秀樹自身による、劇団「夢の遊眠社」解散前全舞台解説
○野田秀樹・略年譜

---------------------------------
KAWADE夢ムック 総特集 野田秀樹~新しい地図を携えて~
価格:1,260円(税込)
---------------------------------
公演期間中、劇場販売もしております。
どうぞご利用くださいませ。