新着情報

最新記事

アーカイブ

2023年
1月 
2022年
11月  10月  8月  7月  6月  5月 
4月  2月  1月 
2021年
12月  10月  9月  8月  7月  6月 
5月  3月  2月  1月 
2020年
11月  10月  9月  7月  6月  3月 
2月  1月 
2019年
12月  10月  7月  6月  5月  3月 
2月  1月 
2018年
12月  11月  10月  7月  6月  5月 
4月  3月  2月  1月 
2017年
12月  11月  9月  8月  7月  6月 
5月  3月  2月 
2016年
11月  10月  9月  8月  7月  6月 
4月 
2015年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  4月 
2014年
11月  9月  8月  6月  5月  4月 
3月  2月  1月 
2013年
12月  7月  6月  5月  4月  3月 
2月  1月 
2012年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  1月 
2011年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2010年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2009年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2008年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2007年
12月 

今秋上演!『半神』が野田演出×韓国人キャストのもと新生!!

HalfGods_MV.jpg 少女漫画界の大御所、萩尾望都さんの短編漫画「半神」を原作に、萩尾さんと野田が共同で戯曲化した『半神』。1986年に本多劇場で初演されて以来、1988年、1990年と再演を重ねた、夢の遊眠社時代の代表作です。エディンバラ国際演劇祭でも発表され、劇団解散後もNODA・MAP第6回公演として1999年に上演。美しくも儚く残酷なその作品性は、今もなお高い人気を博しています。

この度、昨年『THE BEE』English Versionが正式招待された韓国の国立劇場の一つ、明洞芸術劇場からの熱いラブコールにより、『赤鬼』以来9年ぶりの日韓共同制作が実現しました。全役オーディションで選ばれた韓国人俳優たちと野田、そして野田作品に欠かせないデザイナーの面々が集結。この秋、<野田演出×韓国人キャスト×日本人デザイナー>のもと、『半神』が新生します!

 

 

『半神』チラシのダウンロードは

こちらから(1.08MB)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 インターネットの時代は、「自分」の時代である。みな、自分にばかり向き合い、世界からの情報も、自分好みにデザインされる。それは「自分」にとっては、最も生きやすい時代であるけれど、同時に「他者」と生きることが、どんどん難しくなっているということでもある。演劇は、そんな時代にあって、とてもアナログであり、「他者」との関係でしか成立しない芸術である。時代遅れであるといえる。だが、残念ながら、どんなに新しい技術が生まれ出ようとも、「人生」はアナログである。
この「半神」という、双子の物語が誕生してから三十年近くなるけれども、いまだ、普遍性を持っていると、私が信じられるのは、まさに「人生がアナログ」であるからだ。つまり、「他者」との関係でしか成立しない「生きる」姿がこの作品にあるからだ。
韓国の劇場で芝居を作るのは、三度目である。私のパスポートには、たくさんのハングル文字のスタンプが押されている。私は、この地で、たくさんの新しい「他者」と出会い、そして「生きて」、作品を生み出す幸運に恵まれた。幸せ者だと思う。この2014年の夏、私はまた、ここで「生きる」。そして「創る」。アナログ的に。

                                                                                                                    ソウルにて 野田秀樹

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

東京芸術劇場×明洞芸術劇場 国際共同制作

『半神』

原作・脚本:萩尾望都
脚本・演出:野田秀樹


出演:チュ・イニョン チョン・ソンミン オ・ヨン イ・ヒョンフン イ・ジュヨン パク・ユニ

 イ・スミ ヤン・ドンタク キム・ジョンホ キム・ビョンチョル ソ・ジュヒ チョン・ホンソプ

 ※やむを得ない理由により、出演者等変更の可能性がございます。予めご了承ください。
美術:堀尾幸男 照明:服部基 衣裳:ひびのこづえ 選曲・効果:高都幸男 振付:謝珠栄

美粧:柘植伊佐夫 宣伝美術:吉田ユニ レジデント・ディレクター:ソン・ギウン

技術監督:キム・ムソク(明洞芸術劇場) プロダクション・マネージャー:大平久美(K Productions)

ソウル公演 2014年9月12日(金)~10月5日(日) 明洞芸術劇場

 ※韓国語上演、9/20&10/3英語字幕あり、9/27&10/4日本語字幕あり※
東京公演 2014年10月24日(金)~10月31日(金) 東京芸術劇場プレイハウス

 ※韓国語上演・日本語イヤホンガイド付※

 (日本語字幕付上演を予定しておりましたが、日本語イヤホンガイド付上演に変更となりました。)

 ★東京公演日程表はこちら

東京公演一般発売 2014年8月2日(土)

※『小指の思い出』&『半神』セット券発売 2014年7月19日(土)※

お問合せ:東京芸術劇場ボックスオフィス
 TEL:0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
 公演に関する最新情報は 東京芸術劇場HP をご覧ください。

東京公演
主催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
 東京都/東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
共催:明洞芸術劇場、独立行政法人国際交流基金

ソウル公演
主催:明洞芸術劇場
共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)、独立行政法人国際交流基金

企画協力:NODA・MAP、株式会社小学館
オフィシャル・エアライン:ANA