新着情報

最新記事

アーカイブ

2020年
1月 
2019年
12月  10月  7月  6月  5月  3月 
2月  1月 
2018年
12月  11月  10月  7月  6月  5月 
4月  3月  2月  1月 
2017年
12月  11月  9月  8月  7月  6月 
5月  3月  2月 
2016年
11月  10月  9月  8月  7月  6月 
4月 
2015年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  4月 
2014年
11月  9月  8月  6月  5月  4月 
3月  2月  1月 
2013年
12月  7月  6月  5月  4月  3月 
2月  1月 
2012年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  1月 
2011年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2010年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2009年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2008年
12月  11月  10月  9月  8月  7月 
6月  5月  4月  3月  2月  1月 
2007年
12月 

野田秀樹 作・演出・出演『One Green Bottle』 ワールドツアー第3弾決定!

野田秀樹×リロ・バウワー×グリン・プリチャード×ウィル・シャープ

野田作品初の台湾公演、そして8年ぶりのニューヨーク公演が伝説のLA MAMA THEATREで実現!

 

OneGreenBottle.jpg

 

2010年に、野田秀樹と中村勘三郎、黒木華・太田緑ロランス(Wキャスト)によって上演され、大きな反響を呼んだ「表に出ろいっ!」。その話題作が、イギリスで人気のドラマシリーズを手掛ける新進気鋭の脚本家ウィル・シャープを翻訳に迎え、軽妙なセリフの応酬で喜劇性を纏い、現代カルチャ―を反映しながらも、世界に蔓延する不条理と不寛容を鋭く描く、英語劇「One Green Bottle」として誕生。2017年には、東京を皮切りに、韓国・明洞劇場、2018年、イギリス・ロンドン SOHO THEATRE、ルーマニア・シビウ国際演劇祭を巡演、各地でスタンディングオベーションを巻き起こし、国内外で高く評価されました。

野田秀樹が今作でタッグを組むのは、個性あふれる演技でフランスを拠点に活躍する実力派女優リロ・バウワー、そして野田の最高傑作ともいわれる「THE BEE」などの海外公演のほぼすべてに参加してきた個性派俳優グリン・プリチャード。最高のキャストとともに、2020年、ワールドツアー第3弾が決定!

 

台北の国立劇場、台湾 国家両庁院(National Theater & Concert Hall)で、野田作品にとって初の台湾公演が実現。多岐にわたる最先端の芸術を紹介する台湾 国家両庁院の年間ラインナップのハイライトとなるTIFA(Taiwan International Festival of Arts)への正式招聘作品として「One Green Bottle」の上演が決定。
そして、La Mama(La MaMa Experimental Theatre Club , Ellen Stewart Theatre)にて、8年ぶりとなるニューヨークでの上演が決定。
満を持して、初の台湾公演、そして伝説の劇場La Mamaにて、ニューヨーク公演に挑みます。

 

【台湾公演】
日程:2020年2月21日(金)~2月23日(日) 4回公演

会場:台湾 国家両庁院 実験劇場

http://npac-ntch.org/en/programs/show-2020tifa-one-green-bottle-fhqlqxl0xb

 

【アメリカ・ニューヨーク公演】
日程:2020年2月29日(土)~3月8日(日) 8回公演

会場:Ellen Stewart Theatre at La MaMa
http://lamama.org/one-green-bottle/

 

『One Green Bottle』

作・演出:野田秀樹

英語翻案:ウィル・シャープ

 

出演:
父 リロ・バウワー
娘 グリン・プリチャード
母 野田秀樹

演奏:田中源一郎


スタッフ:
美術 堀尾幸男
照明 クリストフ・ワーグナー
衣裳 ひびのこづえ
作調 田中傳左衛門
サウンドデザイン 原摩利彦
舞踊指導 尾上菊之丞
能 所作指導 津村禮次郎
ヘアメイク 赤松絵利
バック・トランスレーション 常田景子 ピーター・マーシュ
演出助手 ラガ・ダール・ヨハンセン
プロダクション・マネージャー 三枝歩
舞台監督 瀧原寿子